ワザ紀行 Vol.3 群馬県

左上:とても細い繭の糸。こだわりの国産生糸として製品化されます。左下:今回お世話になった富岡製糸場世界遺産伝道師協会の福田さんと長谷川さん。この場をお借りしてお礼を申し上げます。右上:大きな枠にまき直す揚げ返し。右下:美しい光沢を放つ完成した生糸は高品質な国産ブランドとして各地へ供給されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。