岐阜県

織田信長が拠点と定め、中国の故事にならって命名した「岐阜」が県名に。古くは美濃国と飛騨国のふたつに分かれており、それぞれの地形や気候に合わせて独自の文化や技術が発展した。飛騨地方の白川郷には豪雪地帯に適合した独特の合掌造りの家が残り、世界遺産にも登録されている。その飛騨地方では漆器や木工品、また美濃地方では陶磁器や和紙などの伝統工芸が有名で、日本刀で有名な関市の刃物などとともに海外にも数多く輸出されている。また、長良川や木曽川の美しい水や肥沃な大地に恵まれ、古くから農業も盛ん。米をはじめ、大根、エダマメ、ニンジンなど、名古屋はもちろん東京、大阪へも出荷されている。飛騨地方の飛騨牛、美濃地方の富有(ふゆう)柿などは有名。他には繊維関連の製造・卸のアパレル、自動車関連の組立や金属加工業などの産業が注目だ。(ページTOP画像は岐阜県乗鞍スカイライン 画像提供:高山市)

特集記事

陶芸家
求道者たちvol.17 陶芸家

岐阜県のワザ

[工芸]

美濃焼
美濃焼
飛騨春慶
飛騨春慶
一位一刀彫
一位一刀彫
岐阜提灯
岐阜提灯

ワザを学べる岐阜県の教育機関

編集部が独自で調査した教育機関を掲載しています。詳しくは、それぞれの教育機関のホームページでご確認ください。(それぞれの教育機関名をクリックすると各々のホームページに遷移します。2017年3月更新)

工芸

▼ 織物

▼ 染色品

▼ 陶磁器

▼ 木工品

建築

▼ 日本建築

▼ 庭園他外構・外装

▼ 建具他内装

▼ その他構造物

▼ 日本料理

▼ 菓子

▼ 調味料・嗜好品他

農・林・水産

▼ 農業

▼ 林業

▼ 畜産

工業

▼ 金属加工

▼ 機械

岐阜県の体験施設

編集部が独自で調査した体験施設を掲載しています。詳しくは、それぞれのホームページでご確認ください。(それぞれの施設名をクリックするとそのホームページに遷移します。2017年4月更新)

工芸

どんぶり会館(道の駅「土岐美濃焼街道」) [陶磁器]
美濃和紙の里会館 [和紙]