佐賀県

16世紀末に、朝鮮半島から連れてこられた陶工によって始められた有田・伊万里焼は、佐賀の代表的な特産品。日本で最初の磁器と言われている。丈夫で、白地に美しい絵や文様の色が映える製品は、江戸時代になると海外に輸出され、高い評価を得るとともに、世界の磁器に影響を与えた。こうした技術や産業は、江戸時代を通じて育まれ、織物や和紙などの工芸品も生まれた。幕末には佐賀藩藩主の鍋島直正が反射炉をつくり、日本で初めて鉄製の大砲をつくるなど、新しい技術への取り組みも積極的に行われた。またタマネギやアスパラガスなどの農業、玄界灘と有明海を舞台とした漁業も盛んで、食糧自給率(カロリーベース)は90%を超える高さだ。(ページTOP画像は「吉野ヶ里歴史公園」 画像提供:佐賀県観光連盟)

佐賀県のワザ

工芸

伊万里・有田焼
伊万里・有田焼
唐津焼
唐津焼

ワザを学べる佐賀県の教育機関

編集部が独自で調査した教育機関を掲載しています。詳しくは、それぞれの教育機関のホームページでご確認ください。(それぞれの教育機関名をクリックすると各々のホームページに遷移します。2017年6月更新)

工芸

▼ 織物

▼ 染色品

▼ その他繊維製品

▼ 陶磁器

▼ 漆器

▼ 木工品

▼ 金工品

建築

▼ 日本建築

▼ 庭園他外構・外装

▼ 建具他内装

▼ その他構造物

▼ 日本料理

▼ 菓子

▼ 調味料・嗜好品他

農・林・水産

▼ 農業

▼ 林業

▼ 畜産

工業

▼ 金属加工

▼ 機械

佐賀県の体験施設

編集部が独自で調査した体験施設を掲載しています。詳しくは、それぞれのホームページでご確認ください。(それぞれの施設名をクリックするとそのホームページに遷移します。2017年3月更新)

工芸

しん窯 青花やきもん広場 [陶磁器]

農・林・水産

道の駅 鹿島 [水産業]