ワザ紀行 Vol.3 群馬県

左上:自然の中に静かにたたずむ碓氷製糸の建物。後ろに見える山は妙義山で、こちらからの角度は「裏妙義」と呼ばれています。左下:繭貯蔵庫には乾燥させた繭が保管されています。多いときはこの倉庫がいっぱいになることも。右上:繭を乾燥させる熱風乾燥機。60℃~120℃で調整されます。右下:碓氷製糸の袋に詰められた繭。ここから製品に応じて選ばれ、次の工程に回されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です