ワザ紀行 Vol.3 群馬県

左上:日本人工女に機械による糸繰りの技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の住居として建てられた女工館。左下:ポール・ブリュナが家族と共に暮らしたブリュナ館。後に建物は工女に読み書きや和裁を教える夜間学校として利用されました。右上:製糸場で使う水を繰糸に適した軟水化するために使われていた鉄水槽。明治8年(1975年)頃、横浜製作所で造船の技術を用いて作られた直径15メートルの巨大な水槽です。右下:ボランティアでガイドを務められている方から、レンガの積み方を教えていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。