ワザ紀行 Vol.3 群馬県

左上:繰糸場には創業当時を紹介した展示なども行われ、想像力を刺激します。左下:繰糸場の外観。採光のため、まだ日本で珍しかったガラス窓を一面に設けています。右上:300釜にもおよぶ繰糸機が並ぶ場内は壮観。右下:敷地内には診療所も。この建物は昭和15年に建てられた、片倉製糸紡績会社(現片倉工業)の時の診療所です。明治5年当時の診療所は製糸場北側にありましたが、建物は現在残っていません。当時としては働く工女たちの福利厚生もしっかりとしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です