道具考 Vol.2 輪島塗

呂色師は、最終的には自らの手を道具として、丹念に磨き上げます。とぎすまされた手の感覚が、ミクロンの単位まで表面をなめらかに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。