道具考 Vol.2 輪島塗

左:まずは駿河炭で磨いていく。それでも既に顔が映るほどなめらかに。右:炭の種類を説明してくださった呂色師の大橋さん。炭は使いやすい大きさに割って使います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。