道具考 Vol.2 輪島塗

左上:ノミで彫った絵柄に漆を塗り、金箔を貼ってたたき込むように金を沈めていきます。左下:余分な金箔を和紙で拭き取っていくと、美しい柄が浮かび上がってきます。右上:わかりにくいかもしれませんが、肘の下にあるのが山崎さんの「枕」。右下:その「枕」を抱え、安定した体制で仕事に取り組む。この姿勢を維持するのも、入門当初は大変だったとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。