ワザ紀行Vol.1 輪島塗

左:江戸から明治にかけての塗師屋のスタイル。見本の商品などを背負って全国に行商に出かけた。右上:納品したものが壊れていたときに修理できるよう、漆や道具を入れた箱も持ち歩いた。右下:大正時代に使われたカバン。椀や膳、盆などを入れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。