求道者たち Vol.2 輪島塗

左:真剣なまなざしで器に模様を描く北濱さん。失敗が許されない緊張の瞬間です。右:漆で描いた模様の上に、金粉を筒から『蒔いて』いくことで、無地の器の上に繊細で美しい世界が現れてくる。親指には漆の『パレット』が。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です