求道者たち Vol.13 杜氏

【日本酒造りの工程5】麹を仕込み蔵へと運び入れます。名水・鬼怒川伏流水(軟水)や麹、蒸米、酵母などをベースに酒母を仕込みます。仕込みは、酒母を仕込みの用の大きなタンクに入れた時点から「もろみ」と呼ばれます。仕込みが終了した「もろみ」は、発酵させます。この期間は、毎日数回「もろみ」を混ぜ合わせる作業と同時に、温度が適温に保たれるよう調整します。その後、搾りやろ過、火入れなどを経て、日本酒が誕生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です