「featured」タグアーカイブ

ワザ紀行 vol.7
岡山県備前市伊部 2019/3/4

赤煉瓦の煙突が迎える、備前焼のふる里を歩く。 伊部駅から徒歩圏に、見所がぎっしり。  JR岡山駅から赤穂線・播州赤穂行の電車に揺られること約40分、長閑な佇まいの「伊部(いんべ)」駅へと到着します。駅舎を出ると、もう目の … 続きを読む ワザ紀行 vol.7
岡山県備前市伊部 2019/3/4

求道者たち vol.36
備前焼~前編 2019/3/1

備前焼千年の歴史を前へ進める、若き陶芸家たち。 備前焼に魅せられた、若き19名。  備前焼は、瀬戸や常滑、丹波、越前、信楽とともに六古窯の一つに数えられます。釉薬を使わない備前焼のルーツは古墳時代の須恵器にあり、平安時代 … 続きを読む 求道者たち vol.36
備前焼~前編 2019/3/1

求道者たち vol.35
宮古上布~後編 2018/10/4

トンボの羽のように透き通る、 美しく繊細、そして強い麻織物。 3.琉球藍を建て、 絣糸を染めていく  糸の染め場は、屋外にあります。藍甕は温度を保つために地中に埋められているのをよく見ますが、気温の高い宮古島では埋めない … 続きを読む 求道者たち vol.35
宮古上布~後編 2018/10/4

求道者たち vol.34
宮古上布~前編 2018/10/3

トンボの羽のように透き通る、 美しく繊細、そして強い麻織物。 サンゴ礁に囲まれた 南の島で400年よりも前に誕生。  羽田から直行便で約3時間。サンゴ礁に囲まれた美しい島「宮古島」は、沖縄本島の南西方向へ約300kmの位 … 続きを読む 求道者たち vol.34
宮古上布~前編 2018/10/3

求道者たち vol.33
江戸木彫刻 2016/9/1

海外で評価された「能面」。 江戸木彫刻の新たな扉が開く。 江戸期に花開いた、 木彫刻の工房を訪ねる  東京でもお祭りの季節になると、普段はビジネススーツを着た人が行き交うような街の辻から、賑やかな祭囃子と威勢の良いかけ声 … 続きを読む 求道者たち vol.33
江戸木彫刻 2016/9/1