求道者たち Vol.16 甲州印伝

漆付けを行う鹿革のサイズに合わせて、様々なへらを用意しているという山本さん。「すべて祖父から受け継いできた道具。自分が使いやすいように削っています。新しいへらを作るための木のストックはあるのですが、今使っている道具が手に馴染んでいるので、新調するタイミングが難しいですね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。