ワザNOW Vol.8 甲州印伝

作業場で、鹿革を藁や松脂の煙で着色する「燻べ技法」を見学させていただくことに。奈良時代から続くという歴史ある技法のはじまりは、熱したコテで革の表面の不純物を取り除き滑らかにする「皮すり」から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。