ワザ紀行Vol.2 笠間焼

左上:下描きに沿って素地を彫る何淑慎(ほ しゅくしん)さん。笠間焼は昔から独創的な作風も柔軟に受け入れてきました。左下:指導所内にあるガス窯。ほか電気窯、灯油窯など各種窯炉において焼成の技術を身につけることができます。右上:釉薬課においては原料・ゼーゲル計算(調合成分から、焼成後の釉薬の傾向を測る)等、基礎を学べます。右下:指導所には、様々な釉薬原料が用意されています。これらの調合によって無限の表現を生み出すのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。