求道者たち Vol.23 肥後象嵌

金線を象嵌した状態。模様は二重唐草。古来、金線が等間隔に2本並ぶのが難しいとされてきたが、稲田さんは間に銀線をはさみ、2本目の金線を沿わせた後、銀線を外すという技法を開発した。実はこれは、画期的なこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。