求道者たち Vol.23 肥後象嵌

拡大鏡を通してみた制作過程のペンダントトップ。肥後象嵌には「布目切り(ぬのめきり)」という工程があるが、模様を入れるスペースに縦、横、斜め四方向から金槌と鏨(たがね)を使って、1ミリ四方16本ほどの細かい溝を刻む。集中力が必要な仕事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。