大阪府

豊臣秀吉が大阪城を築いて以来、商業の中心地として発展してきた大阪。江戸時代は「天下の台所」とも呼ばれ、全国の産物が集まる一大拠点となった。現在も数多くの大企業の本社が置かれるなど、ビジネスの中心としての役割を担っている。工業では東大阪エリアなどに、高度な技術をもった中小企業が集積。独自の自社製品を持つなど活躍している。この東大阪の中小企業が中心となって製作に取り組んだ人工衛星が打ち上げられ、その技術力が改めてアピールされた。もともと、木工品や金工品の伝統工芸も数多く、職人ワザが育まれる環境だったと言えるだろう。農産物も野菜や果物が栽培され、近年では、大阪特有の歴史や伝統を有する品種を見直し、「なにわの伝統野菜」の復活に取り組んでいる。(ページTOP画像は大阪府「道頓堀」©(公財)大阪観光局)

大阪府のワザ

工芸

大阪欄間
大阪欄間
大阪金剛簾
大阪金剛簾