愛媛県

温暖な気候を利用し、温州みかんや伊予かんなどの柑橘類の栽培が盛ん。他にもキウイフルーツなどがつくられ、どれも全国トップクラスの生産量を誇る。果物の缶詰の生産量も多い。漁業では真鯛やひらめの養殖が行われ、全国に出荷されている。また真珠の養殖も行われている。工業では今治のタオル生産が有名で、全国1位の生産高。また、障子紙や書道用紙、水引など祝儀用品の生産もトップクラスだ。もともと平安時代から知られる伊予の紙は、大洲和紙として現在まで受け継がれ、今なお、こだわりの紙づくりが行われている。他に陶磁器、竹工品、織物などの伝統工芸が伝えられている。(ページTOP画像は「道後温泉」 画像提供:一般社団法人 愛媛県観光物産協会)

愛媛県のワザ

工芸

砥部焼
砥部焼
大洲和紙
大洲和紙