長崎県

北海道に次ぐ全国2位の長さの海岸線を持ち、多くの島や入江、対馬暖流などめぐまれた漁業環境にあり、全国でも1、2位の水揚げ高を誇る。また、造船業も盛んに行われた。伝統工芸としては三川内焼や波佐見焼といった陶磁器の歴史が古い。江戸時代には国内において海外への唯一の港が開かれ、世界の文化に触れることができ、ヨーロッパや中国の影響を受けた、独自の風土も育まれた。温暖で雨の多い気候と複雑な地形を活かし、多彩な農産物づくりが行われている。びわ、ばれいしょ、みかんをはじめほししいたけなどの生産が盛んである。(ページTOP画像は「グラバー邸」 画像提供:©(一社)長崎県観光連盟)

長崎県のワザ

工芸

三川内焼
三川内焼