京都府

明治維新で首都が東京に移されるまで、長きにわたって日本の都として文化の中心となってきた京都。あらゆる分野で多種多様なワザが花開き、それがさらに全国のワザに影響を与えた。たとえば伝統工芸では、陶磁器、漆器、織物、染織品等々の分野で、革新的な技法やデザインが生み出され、現代に息づいている。また芸能や食の分野でも、京都にルーツを持つものは数多い。建築に関しては歴史を刻んだ寺社が数えきれず、その独自性や技術の高さは、それらが世界文化遺産に指定されていることからもうかがえる。宮大工など、そこで培われた様々な職人ワザも伝えられている。農産物では京野菜や宇治茶など、積み重ねられてきた技術やノウハウが活かされ、多くの人に愛されている。(ページTOP画像は京都府 久美浜湾 ©経済産業省、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示4.0 国際)

京都府のワザ

工芸

西陣織
西陣織
京友禅
京友禅
京繍
京繍
京焼・清水焼
京焼・清水焼
京指物
京指物
京うちわ
京うちわ

京扇子
京扇子