福岡県

地理的に古くから中国大陸や朝鮮半島との交流の窓口であった福岡県地域。古代から太宰府などの機関が置かれ、重要な役割を担ってきた。博多の港は中国、朝鮮の他、琉球等との貿易の拠点として栄えた。多彩な文化が育まれ、博多織や久留米絣といった織物に加え、小石原焼、上野焼(あがのやき)などの陶磁器、八女提灯、博多人形といった、日本のみならず世界にも評価される伝統工芸が生まれている。歴史的に鉄鋼、石炭産業からスタートし、北九州工業地帯を形成してきたこのエリアだが、近年は自動車関連産業の加工組立型産業の立地がすすんでいる。また、たんすの生産のシェアは全国トップクラスだ。一方、豊かな森林を利用したタケノコやキノコの栽培、種苗や苗木の生産、いちごなどの果物や野菜の栽培も盛ん。真鯛やのりなど多彩な漁業も注目だ。(ページTOP画像は「筑後川」 画像提供:(公社)福岡県観光連盟)

福岡県のワザ

工芸

博多織
博多織
久留米絣
久留米絣
八女提灯
八女提灯