編集部注目の特集記事_伝統工芸など「ものづくり」の職人になる、学校情報掲載

編集部注目の特集一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  次のページ 

【江戸扇子】
求道者たちVol27

ひとりの人間として迎えた節目。
そして新しい江戸扇子の扉を開く。

2015.03.02

粋で洒脱が身上。
江戸扇子を作る女性職人

 江戸好みと京好み。同じ日本の工芸品でも、東西文化の違いが色濃く表れるものがあります。江戸扇子も、その一つ。京扇子が雅な華やかさを持つのに対して、江戸扇子は粋で洒脱。江戸っ子の遊び心や茶目っ気が垣間見られる、潔いデザインが特長です。京扇子と江戸扇子のもう一つの違いは、その作り方にあります。扇子の産地である京扇子が分業制を取るのに対して、江戸扇子はすべての工程を職人ひとりでこなします。30ほどの工程をひとりでこなすということは、それだけ熟達に時間がかかるということ。職人の数も決して多くはなく、現在は数人を数えるだけ。今回は、そんな厳しい環境のなかで伝統のワザを守り続ける女性扇子職人、深津佳子さんにお話しをうかがいました。

江戸扇子職人・深津佳子(ふかつ よしこ)/名工と謳われた実父・深津鉱三氏に弟子入りし江戸扇子職人となる。粋を身上とする江戸扇子の伝統を守りながらも、新しい表現を模索中。「雲錦堂 深津扇子店」5代目。東京都伝統工芸技術保存連合会、荒川地区会員。荒川区無形文化財保持者

 

毘沙門格子の江戸扇子。いかにも粋、という扇面。文様の色、扇骨の材で雰囲気が変わる。左の扇骨は煮黒。右の扇骨は白竹

 

1  2  3  4  5  6  7  8  次のページ 

このページのトップへ