分野別ワザ一覧_伝統工芸など「ものづくり」の職人になる、学校情報掲載/手に職!ニッポンのワザドットコム

ニッポンのワザを知ろう

伝統工芸をはじめとしたニッポンのワザを分野別、都道府県別に検索できます。

・検索のヒント

知りたい分野にチェックして、検索ボタンをClickしてください。
エリアだけを指定すると、そのエリアで特に発展しているワザについてまとめてみることができます。

ワザを選ぶ



 

エリアを選ぶ


選択エリア > 石川県

染色品


繊維に色を染めつける染色品は、古墳時代にはすでに存在したといわれています。その後、豊かな色彩を生みだした奈良時代、友禅染が誕生した江戸時代を経て、染色技術を発展させてきました。現在、伝統的工芸品に指定される染め技法は、小紋染、友禅染、絞(しぼり)など。主に着物として使用され、豪華なものから素朴なものまで、多くのデザインを生みだしています。


選択エリア > 石川県

その他繊維製品


繊維品には、織物以外にも、糸を一筋一筋組み上げる組紐(くみひも)などがあります。多くは、帯締めといった和装小物に使われ、着物を引き立てます。また、忘れてはならないのが繊維品を彩る装飾。例えば刺繍は、一針一針、美しい模様や絵を手作業で縫い上げることで、着物に華麗で上品な雰囲気を宿らせるのです。


選択エリア > 石川県

陶磁器


粘土等を原料とする陶器や、石英等を原料とする磁器を総称したのが陶磁器です。現代では、モダンな作品も多く創られるようになりましたが、作品づくりの根底には長い歴史の中で培い、連綿と受け継がれてきたろくろ成形技術や釉技(ゆうぎ)が生きています。作り手の魂の宿った温もりある陶磁器は、愛着を持ち長い間使い続けられる品として暮らしに深く根付いています。


選択エリア > 石川県

漆器


木や紙に漆を幾重にも塗り重ね、蒔絵(まきえ)や沈金(ちんきん)などの技法で文様を生み仕上げる漆器。深みのある上品な漆の光沢や金銀で彩られる文様から、芸術品としての一面も古くから併せ持っています。また、欧米では漆器が「JAPAN」と呼ばれており、日本が世界に誇ることのできる品でもあります。


選択エリア > 石川県

工芸用具・材料


伝統的工芸品をつくる上でかかせないのが、材料と道具。仏壇・仏具や織物に華やかさを与える金箔、着物の生地を染色するために用いる形紙、漆器づくりで重要な木地など、縁の下の力持ちが、完成度の高い工芸品を支えているのです。無論、そこに職人のワザが秘められているのは、いうまでもありません。